By | April 20, 2022

ファブリックペインティングは、選択するキャリアの中で最も一般的なものではありません。 実際、ほとんどの人はそれを趣味のリスト、あいまいな工芸品に任せます。 「ファブリックペイントでキャリアを過ごしたいのは誰ですか?」と尋ねる人もいます。 しかし、それについて考えてください。 キャリアが重要でない場合、私たちは皆、無味で無色でデザインのない家具に座っていたでしょう。おそらく、私たちは皆、小麦粉の袋に身を包み、空白の壁を見つめていました。 もちろん、それは少し誇張ですが、あなたは要点を理解していると確信しています。

キャリアファブリックペインターとして、あなたは私たちが住んでいる世界に創造的で時にはカラフルな価値を加える機会があります。ファブリックペインティングは骨の折れる仕事ですが、多くの媒体でファブリックペインティングを再現することは何千倍も簡単になりました。 デジタルアートの出現により、複製アートワークをカップ、プレート、テキスタイル、靴、木などに配置できるようになりました。

あなたがそれについて考えるとき、見通しは実際に非常にエキサイティングです。 デザイナーがファッションアクセサリープロジェクトのためにそのブレイズ生地を購入するのではなく、特定の用途のために特別に作成されたカスタム生地を提供できるようになりました。 彼らのコレクションにユニークな何か。 デザイナーは、さようなら、さようなら、退屈と言うことができます。 そして、こんにちは。 彼らのクライアントはそれのためにあなたを愛するでしょう。

芸術家は今や傑作を作成し、それらを複製して、従来の織物工場で芸術を処理するのと同じくらい簡単に、またはおそらくそれよりも簡単に短期間の複製を行うことができます。 これは素晴らしいことですが、新しいコレクションの手描きのデザインを作成するためにアーティストを雇う大手製造会社がまだいくつかあります。 その後、アーティストのデザインを取り入れ、さまざまな種類の生地で制作します。

簡単に統合でき、ファブリックペインティングの派生物であるキャリアの1つは、それ自体が広大な分野であるスクリーン印刷です。 伝統的に、スクリーン印刷は学校やカジュアルウェア用のTシャツを作るための答えと見なされてきました。 今日、スクリーン印刷業界は、アーティストがさらに創造的になり、デザインにセンスを加えているため、活況を呈しています。

画面のサイズは、シャツの前面にある小さな正方形から、Tシャツ全体のデザイン用に設計された大判画面に拡大しました。 それでも、このスクリーン印刷方法を使用して、販売用のカスタムヤードを作成したり、独自の商品ラインを作成したりする人もいます。

このようなアートワークは、最初は布地に描かれ、後に幼児と大人の両方の衣服に印刷されました。 オリジナルがスタッド、石、スパンコール、キラキラで装飾されたように、シルクスクリーンアーティストの作品もそうです。 もちろん、その美しさは、元のデザインが作成されたファブリックとスクリーンで開発された後、無制限の色、サイズ、そしてもちろん数量でデザインを作成できることです。

スクリーン印刷の問題の裏側には、それ自体が布の画家でもある装飾家がいます。 これらのアーティストは、一般的に基本的なデザインを採用してカスタマイズし、必要とされる可能性のある魅力を与えます。 これは、ファブリックペイント、ラインストーン、ミラー、リボン、およびその他の多数のアクセサリを使用して何度も行われます。