By | May 11, 2022

抽象芸術は、色、形、光、線などのさまざまな要素を使用して、絵画に命を吹き込みます。 この芸術形態にテクスチャーが追加されると、絵画は決して再現することのできない壮大な芸術作品になり、それ自体がオリジナルです。

シミュレートされたテクスチャや実際のテクスチャなど、絵画にテクスチャを追加する方法はさまざまです。 これらのフォームは両方とも、組み合わせたり、単独で使用して、目的の効果を作成することができます。

シミュレートされたテクスチャ

これは、実際にはテクスチャがない場合のテクスチャのシミュレーションです。 平面上に作成された視覚効果です。 波紋のように見える一連の線がある絵を見たときに、このタイプのシミュレートされたテクスチャを見たことがあるかもしれません。または、線が飛び出しているように見える絵を見たことがあるかもしれません。

この形の絵は、実際に質感の錯覚を与えています。 これは、設計の原則と要素を使用して実現されます。 このように制作されたこの現代絵画に触れて、表面が浮き上がっているのか滑らかなのかを自分で確かめたいと思うかもしれません。 それが、これらの絵の1つがどれほどリアルに見えるかです。

実際の質感

このタイプの抽象芸術絵画は、実際の素材を使用してテクスチャを作成します。 一部のアーティストは、ペイントのレイヤーを使用してこのテクスチャを構築する場合がありますが、他のアーティストは、キャンバスに追加されたマテリアルを使用して、その上にペイントする場合があります。 このような質感を抽象画に加えると、その効果は驚くべきものになります。

実際の風合いを感じることができます。 抽象画はざらざらしているのに対し、暗示的な質感を使った絵は表面が滑らかになります。 それらは両方とも完全に異なる外観と感触を持っています。

実際のテクスチャを使用するアーティストは、アートストアから入手できる粘土やゲルなどのさまざまな媒体を使用して、絵画が始まる前に最初にキャンバスを構築することができます。 ミディアムを直接ペイントに追加して、ペイントを厚くすることで、質感のある感触を作り出すこともできます。 いくつかの興味深い媒体には、砂、塩、さらにはシュレッダー紙が含まれます。

アーティストは、絵画を作成して、完成した現代絵画に素材を追加することもできます。 例として、本物のリボンを絵画の子供のポニーテールの上の透明な絵の具の最後の層に追加して、芸術作品に新しい次元を追加することができます。

個々のアーティストは、さまざまな素材のバリエーションを使用して、抽象芸術の絵画に実際の質感を追加します。 これが、テクスチャアートを非常に魅力的なものにしている理由です。 それは決して正確に複製することはできず、独自の芸術の世界に独自性とスタイルを与えます。

センスと質感のある抽象芸術をお探しの場合は、http://www.nesaart.comの私のオンラインギャラリーにアクセスしてください。 どんな部屋にも命を吹き込むことができる抽象的な幸せな家や風景を描きます。