By | March 9, 2022

私は最近、写真に非常に興味を持っていることを発見した若い男性と話をしました (彼は私自身の「特殊効果」写真について何も知りませんでした)、そしてそれが彼の主な趣味であると私に言ったので、彼がデジタル画像よりもフィルムを使うことをはるかに好むと彼が説明したとき、私は興味をそそられ、そして非常に驚いた。 最近の映画を買うのはとても難しくて高価ですが。 彼が白黒写真について言及していると誤解しましたが、すぐに彼がカラーフィルムを購入していることに気づきました。

すべての新しいカメラは、携帯電話も含めてデジタルです。 また、カラーフィルムを処理する小さな研究所は少なく、家庭での処理は可能ですが、簡単ではありません。 それでも彼は、彼のようにフィルムを使うことを好む写真家のグループがあり、その数は増え続けていると私に言った。

私はインターネットを見てきましたが、デジタルと比較してフィルムを使用することの長所または短所については確かに多くの議論があります。

大多数は、フィルムを使用する際に、はるかに選択的である必要があるため、 (コストが高いため、写真を撮る回数がはるかに少なくなります)、はるかに優れた写真家になるために彼らを訓練しました。

もう1つの主張は、優れたデジタルカメラは高価であり、頻繁にアップグレードされるため、4年または5年ごとに交換する必要があるというものでした。 それでも、中古のフィルムカメラを購入することは、フィルムカメラがはるかにかさばり、重いとしても、より安く、一生続くでしょう、そしてその価値を保持します。

最後に、古いOHPフィルムとネガは簡単に表示できますが、デジタルテクノロジーは急速に変化するため、将来的にデジタル画像を表示できるようになるかどうかは誰にもわかりません。

現在存在しているデジタル写真の信じられないほどの可能性のために、私はこれを知って驚いた。 カメラは、多くの点で画像と露出の制御を容易にするだけでなく、以前はフィルムでははるかに複雑でした。 デジタル結果をすぐに確認できるという利点があります。 しかし、写真を撮った後でも、ソフトウェアの助けを借りて、デジタル写真を操作するために現在利用可能なオプションは素晴らしいです!

これは、なぜ私がカラーリバーサルフィルムを使うことを好んだのかを考えさせられました (私自身のクリエイティブなOHPフィルム用) 誰もがコンピュータを所有する前の1960年代のネガフィルムではなく。 一度撮った写真を変更するオプションはありませんでしたが、私はそれを自分の「特殊効果」に使用していましたが、印刷物よりもはるかに大きな投影画像を見るのが最も楽しかったです。 しかし、透明度を確認するために少なくとも1週間待たなければならないことは、苛立たしいことでした。

アマチュアとしてカラー印刷をマスターするのは非常に難しいので、ネガよりもOHPフィルムを好みました。そのため、私は常に専門の加工研究所に頼ってプリントを作成していました。

私の「特殊効果」の写真は想像力に富んでいました (通常の写真のようなものはありません) そしてすぐに、彼らが私のネガからプリントを作成したとき、彼らが私が本当に望んでいたカラーバランスを得る方法を知ることはほとんど不可能であることに気づきました。 透明度の利点は、彼らが見ることができる透明度のカラーバランスに一致するように簡単に指示できることでした。

私のお気に入りの映画は、残念ながらもう入手できないコダック「コダクローム25」でした。 透明度はどのプリントよりもはるかに活気があったので、私はコダクロームで何ができるかに集中しました。 いつもこのフィルムを使うことで、自分の「特殊効果」を使っても、それをどのようにコントロールするのが最善かをすぐに知ることができました。

最近、私は映画ではなくデジタルオプションに興奮しています。 しかし、自分で発明した「光で描く」技法を使って、投影された画像を撮影することで、デジタルソフトウェアでは実現が非常に難しい効果を生み出すことができます。

私自身の見解は、写真の最も重要な側面は、結果として得られる写真、構図、品質、被写体の選択であるということです。 テクニックや、カメラのメーカー、使用するレンズ、フィルムなどの問題ではありません。本当に重要なのは、結果として得られる画像だけです。 しかし、それは作成されました!

長年フィルムを使用してきた私は、個人的にはデジタルシステムで完全に販売されていますが、自分の「Painting with Light」テクニックで達成した特殊効果に興味がある読者は、私のWebサイトhttps:をご覧ください。 //www.jncohen.net/Limited-Edition-Prints/Painting-with-light.htm