By | March 9, 2022

チューブに巻かれたアートワークやポスターを購入することは何度もあります。 これまでロールアップされたアートワークを扱ったことがない人にとって、それを平らにすることは非常に難しい場合があります。 最初に試すことができるさまざまな簡単なテクニックがあります。

1.絵を平らな面に置き、重い本を置きます

2.ポスターを逆に転がしてみることもできます。 ただし、キャンバスの場合は、このプロセスに従うべきではありません。 逆回転すると塗料が破損する恐れがあります

丸めた帆布やポスターを平らにするのに役立つ最もよく知られている専門的な技術の1つは、加湿によるものです。 これは、水分を注意深く導入し、続いてキャンバスを平らにするプロセスを指します。 この手法は、キャンバスやポスターを平らにするだけでなく、古い壊れやすい文書を安全に平らにするためにも使用されます。 加湿キャンバスでは細心の注意を払う必要があります。

ここで説明する手法は加湿サンドイッチと呼ばれ、これはキャンバスの加湿と平坦化の両方を同時に行うのに役立ちます。

次のアイテムが必要になります。キャンバスのサイズよりも大きい2つの酸を含まないあぶらとり紙。 木、プレキシグラスまたはガラスで作られた2枚のフラットボード。 6つのチップボードとウェイト

加湿について以下に概説する手順は次のとおりです。

ステップ1: キャンバスの表面の汚れを取り除きます。 そうしないと、加湿中にこれらがキャンバスに定着します。 これには柔らかいブラシを使用できます。

ステップ2:床やテーブルトップなどの平らな面に、木、ガラス、またはプレキシグラスの平らな板を置きます。 1番目のチップボードをフラットボードに置きます。

ステップ3: 次に、2番目のチップボードを取り、片面に水をスプレーします。 このチップボードを湿気の多い面を上にしてスタックに置きます。 この上に乾いた3番目のチップボードを置きます。

ステップ4: このスタックに中性紙を置きます。 次に、この上にキャンバスを置き、その上に別のあぶらとり紙を置きます。

ステップ5: 次に、4番目のドライチップボードをスタックに置きます。 5番目のチップボードを取り、片面に水をスプレーし、湿気のある面を下にしてスタックに置きます。 最後の乾いた合板を取り、それを上に置きます。

ステップ6: 最後に、最後のフラットボードをスタックに置いてサンドイッチを完成させます。 そして、フラットボードに均等に配置されているウェイトを配置します。

キャンバスを上記のサンドイッチに48時間入れておけば、平らになるはずです。

非常に古くて壊れやすいアートワークは、平坦化とフレーミングの専門家に依頼するのが最善であることを覚えておいてください。