By | March 12, 2022

ハウスペインティングは、ほとんどの人が簡単に習得できるスキルです。 それは実際に機能するそれらのまれな在宅ビジネスの機会の1つであり、多くの労力なしで1時間あたり30ドルから50ドルを稼ぐことは非常に可能です。

基本的な絵画のスキルを持っている人が自分で絵画ビジネスを始めることを検討すべき理由のトップ7は次のとおりです。

1.住宅および商業用絵画は、年間225億ドルの産業です。

毎日、全国(および世界中)の住宅所有者は、居間、寝室、台所などを塗装するために数百万ドルを費やしています。 これは確かに利用可能な仕事の量に制限がない業界です。

画家よりもはるかに多くの仕事があります。 2006年にトップ10のビジネスにリストされ、予見可能な機能に成長すると予測されており、今のところ、絵画ビジネスを開始するのにこれほど良い時期はありません。

2.基本的なペイントスキルは簡単に習得できます。

基本的な絵付けのスキルを身につけるのに、それほど時間はかかりません。 ほぼ誰でもそれを行うことができます。 「オン・ザ・ジョブ・トレー​​ニング」を通じて学ぶほとんどの画家は、わずか数週間でそれを習得します。 少し練習するだけです。

3.非常に低い初期費用

絵画ビジネスは、始めるのに多くのお金を必要としないので、最高のビジネスの1つです。 250.00ドル未満(住んでいる場所によって異なります)で、絵画ビジネスを立ち上げ、お金を稼ぐことができます。

立ち上げ費用がこれほど低いので、利益を上げるのにそれほど時間はかかりません。また、高額の小規模な仕事をターゲットにする場合、諸経費はほとんどありません。

4.高価な広告は必要ありません

他のほとんどのビジネスとは異なり、絵画ビジネスは莫大な月額広告予算を必要としません。 実際、従来の広告をまったく使わずに、収益性の高い絵画ビジネスを構築することは完全に可能です。

スマートペインティングビジネスのオーナーは、自分の仕事を紹介できる「人を知っている」人との関係を築くのに時間を費やしています。

5.パートタイムで働く専門家の収入を稼ぎます。

多くの成功した絵画ビジネスの所有者は、週35時間未満の作業で、年間60,000ドルから100,000ドルを稼いでいます。 スキルを磨き、習熟したら、1日あたり300〜500ドルを4〜6時間だけ働かせるのは珍しいことではありません。

ほとんどの絵画の従業員が週40時間働いている場合、1日でより多くの収入を得ることができます。 毎日、画家は自分の貴重なスキルを上司にわずか12ドルから15ドルで売り、自分の絵画ビジネスを運営して最高額を稼ぐことができます。

6.自由、ライフスタイル、セキュリティ。

家の画家が彼らの未来を確保するためにできる最善のことは、彼ら自身の絵画事業を始めることです。

パートタイムで平均以上の収入を得る可能性は、成功する絵画ビジネスを所有することの最大の利点の1つです。

多くの画家は、独自の絵画事業を営んで素晴らしい生活を送っています。 彼らは素敵な車を運転し、素敵な家に住み、好きなことをする時間とお金を持っています。

7.優れた税制上の優遇措置

あなたの家の外で小さな絵画ビジネスを運営することは、高い利益の可能性と低いオーバーヘッドのような多くの優れた利点を提供します。 ガス、工具、車両などの費用は償却される場合があります。 (必ず会計士に確認してください)しかし、中小企業を所有することの税制上の利点は素晴らしいです。

ご覧のとおり、画家にとっては空が限界です。 無制限の仕事と最高の給料は、毎年多くの人々を絵画業界に引き付けます。